読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

reika’s personal blog

このブログは、@silkymilkyreika でチーム三日月狼として主に活動しているreika氏のオフィシャル?ブログです。

さあ、今日も重たい話ですよ。

タイトルから興味持って来てくれた人いたら強者として認定しておきますね

 

 

 

 

皆様どうも。reikaです。

 

 

 

 

新年明けましたね。おめでとうございました。

 

 

 

 

今日も、いつぞやのように重い話ばっかりします。

興味ある人だけ見てってくださいな。

 

 

 

 

 

 

 

 

今日のお話。

 

「死」についてのお話。

 

 

 

 

私まだ17歳なんですけど、親族の年齢上どうしても人の死に目に立ち会うことが多くあるんですよ。

 

 

 

 

いつでも、人が死ぬのは嫌ですし悲しいもので。

 

 

 

 

最近も親族の1人が入院したりして結構テンションが下がり気味になってます。

 

 

 

 

皆様は、お葬式とかで泣くタイプですか?

 

 

 

 

私は泣きますね。ボロボロに。

 

 

 

 

犯罪を犯した人はともかく、普通の人が死んでしまうことについては常に心を痛めます。

どうしても、心にくるものがあるんですよ。

 

 

 

 

だから、他人は他人、と割り切れる人が羨ましくて羨ましくて。

 

 

 

 

そういう心の強い人になりたいなぁなんて思ったりします。

 

 

 

 

でもそういう人は、たまに「心がない」とか言われてしまう時もあるんですよね。

人によりけりだと思うんですけどね、そういうのは。

 

 

 

 

それはまあ置いといて。

 

 

 

 

うーん。

「死ぬ」ってなんでしょうね。

 

 

 

 

哲学的な話になっちゃいますね。堅いわぁ

 

 

 

 

そうやって思うんですけど、答えって簡単に見つからんもんですね。

いや見つかったら苦労しないですけど。

 

 

 

 

多分考えたことない人の方がはるかに多いと思うんですが。

少しは考えてもいいのかなって。

 

 

 

 

ねえ、ほらなんかあるじゃないですか。「終活」みたいな。

私もやってみたいんですよね。

遺書とかもう書き残しときたいですもん。

もし書くとしたら、「ひとり静かにどこかへ葬ってくれ」って書きますかね。

 

 

 

 

結局ボッチでいたいんですかね。辛い。

 

 

 

 

 

 

 

 

重い話と言いながら、あまり重くはなりませんでしたね。

まあいいや。

 

 

 

 

ただまあ、いつもよりは文字数多いですね。

 

 

 

 

じゃあ、次の土曜日までしばしお別れですな。

次もお暇ならば見て頂けるとありがたいです。

 

 

 

 

H29.1.4    reika